禿げたくない人は前兆に気づこう|AGA・薄毛対策に関する情報は口コミで集めよう

禿げてる・・・?

誰でも自分の髪の毛が抜けることには抵抗を感じます。しかし、抵抗を感じていても実際に薄毛対策をしている人はあまりいません。下記では薄毛の前兆を紹介しているため、気になる人は確認してみましょう。

禿げたくない人は前兆に気づこう

男の人

ブラッシング時の痛み

男の人の場合、髪の毛が短いという理由でブラッシングをしない人や髪の毛を乾かさない人が多く存在します。しかし、髪の毛を大事に思うのなら髪を乾かし、ブラッシングをしてあげましょう。髪を乾かさずにいると、徐々に髪の毛がダメージを受けてしまうため抜け毛の原因になってしまう場合があります。また、ブラッシングをすることで禿げる予兆を感じることができ、頭皮に適度な刺激を与えることができるため薄毛対策にもなります。ブラッシングをしたとき、髪の毛が抜けても痛みを感じないという人は注意しましょう。数本抜けることはありますが、痛みを感じない場合は髪のダメージが深刻化している可能性があります。

髪の毛の変化

髪の毛も肌と同じように、年齢を重ねれば重ねるほど変化していきます。そのため、歳をとったせいで髪質が変化していると思い込んでしまい薄毛になる前兆に気づかない人もいます。もし、ここ数年で昔に比べて髪の毛が細くなったという人や、切ってもいないのに髪が全体的に短くなったという人は注意しましょう。ヘアサイクルが乱れてきている証拠かもしれません。

髪の毛のハリ

髪の毛のハリとは、髪がふわっとしている状態になっているかどうかということです。健康的な髪の毛の場合、手で押しても離すと直ぐに元に戻ります。しかし、髪の毛にハリが無いと元に戻りません。ハリの無い髪は頭皮が弱っている可能性が高いため、昔より髪のボリュームが減っていると感じる人は、薄毛対策を始めてみましょう。どんな対策法があるのか知りたい場合は、口コミサイトなどを見ておくといいです。

髪のぱさつき具合

髪がぱさつく人も薄毛の前兆から来る影響を受けている場合があります。髪がぱさつく理由は、油分の不足が原因と言われており、油分が足りないと皮膚を守るバリア機能が低下してしまいます。健康的な地肌を保つためにも、ある程度の油分が必要になります。

抜毛の毛根部分の状態

口コミサイトでも紹介されているように、一番薄毛の前兆をハッキリと確認できるのが抜け毛の量や抜けた髪の毛根部分の状態です。健康な髪が抜けた場合は、毛根部分は白く丸みをおびている状態になっています。しかし、薄毛の前兆と言われる髪の毛の場合は毛根部分に丸みを帯びていない状態のものが多く見られます。その他にも毛が抜ける状態によって原因が異なるため、しっかりと見極めておきましょう。