AGAの発症パターン|AGA・薄毛対策に関する情報は口コミで集めよう

おかしいなと思ったら

薄毛に気づくのは、大抵ふとした瞬間のときと言われています。そのため、AGAになってしまうとどういった部分から髪が抜けていくのか調べておきましょう。下記でも紹介しているため、参考にしてください。

AGAで多い発症パターンランキング

no.1

U字型

もっとも多いのが、U字型タイプの抜け毛パターンです。このタイプの人は、おでこの生え際から髪が抜けていくため生え際が後退していきます。最初のうちは、前髪の長さで気付かなかったという人も多いのですが症状が進行してしまうと前髪で隠すことができなくなります。

no.2

M字型

次に多いのが、M字型と呼ばれるパターンです。この症状もU字型と同じように、おでこの生え際部分から髪の毛が抜けていくのですが、なぜか真ん中だけを残し両サイドから薄くなっていきます。

no.3

O字型

O字型の場合は、頭のてっぺん部分から髪の毛が抜け始めます。そのため、鏡を正面からしか見ることがない男性はなかなか自分で気づくことができません。少しづつ、つむじ部分から薄くなっていくため最終的には頭のてっぺんが目立つようになってしまいます。

AGAの発症パターン

手鏡を持つ人

O字型タイプ

このタイプの発症者は、主に西洋人が多いと言われています。発症する原因は様々ですが、毛根部分の栄養失調が主な原因になっている可能性が高いでしょう。髪の毛に栄養がしっかり行き届かないため、髪のサイクルが乱れ成長しきれないまま髪が抜け落ちてしまうのです。その他にも、栄養だけではなく血行不良が原因になっている場合もあるため、できるなら頭皮の色なども小まめに確認しておきましょう。AGAが発症する原因は様々なため、詳しい話を聞きたい人は博多にある専門クリニックを受診してみて下さい。

M字型タイプ

U字型やO字型と違い、おでこの真ん中部分だけを残して薄くなっていくM字型タイプは男性ホルモンが主な原因と言われています。5αリダクターゼという物質が髪の毛の生え際や頭のてっぺんに多いため、5αリダクターゼの量が多い部分から薄くなってしまうのです。M字型タイプの人は、O字型やU字型も発症しやすいと言われているため注意しましょう。

複合型タイプ

博多にあるAGA専門クリニックでは、複合型タイプになってしまい症状が早く進行してしまっているという悩みを抱えた人も多いと言われています。このタイプの人は、一気に複数パターンの症状が出てしまうため他のパターンに比べてAGAの影響を受ける範囲が大きくなってしまうのです。影響を受けている範囲が広ければ広いほど、薄毛が目立ってしまうためこのタイプの人は早めに博多にある専門クリニックを受診した方が良いでしょう。